売上予算の組み方

お ちょっといいか?
聞いてほしいことがあるのだが

avatar

ボス

avatar

ゴン

はい 大丈夫です
どうかしましたか?

うむ 実は友人が勤務している会社が
株主に適当な売上予算をぶち上げたらしく
かなり社内の状況が良くないらしい
このような場合どう解決したら良いだろうな

avatar

ボス

avatar

ゴン

一応お聞きしますがウチの話ではないですよね?

もちろんだ!
それは会議に出席しているおヌシもよく知っているはずだ

avatar

ボス

avatar

ゴン

そうでしたね
他所の話といいつつ
実は自分の話というのはよくある話なので
一応確認させていただきました

まぁそれはかまわんよ
ウチは今のところワシの資本100%だし
予算編成についても全社でやっているから問題は発生しておらん
しかしこういう話はいずれわが社にも出てくるかもしれん

avatar

ボス

avatar

ゴン

他の方から資本が入ると絶対ないとはいえませんからね
で その会社はIPOは?

当然視野に入れている
そのために資本を入れてもらったらしい

avatar

ボス

avatar

ゴン

ということはまだ個人企業の意識から脱却できていないようですね
だから予算の組み方がまず根本的にわかっていないのだと思います

随分と手厳しいな

avatar

ボス

avatar

ゴン

どのような投資家が株主なのかは存じ上げませんが
適当な売上予算を披露してそれに乗るというのは
社長も株主である投資家も基本姿勢が間違っています
ただ儲けてIPOを果たして創業者利益や
キャピタルゲインを得たいだけですね

ほほぅ なぜそう思うのだ?
ワシもそんな気はするが

avatar

ボス

avatar

ゴン

社長が予算をぶち上げて社内のモチベーションが下がる
ということは社長が勝手に予算を組んでいるということでしょう
しかも裏付けがない数字だと思います

そうだな
トップダウンの予算は願望で多めに見積もりがちだからな
それを従業員に押し付けた恰好だろう

avatar

ボス

avatar

ゴン

逆に現場は責任や大変さを考えて低く見積もりがちです
だから両方から数字を出し
すり合わせをするのが一般的です

そうだな
ウチはそのようにしている
それが組織として経営するのが上場企業だとワシは思う

avatar

ボス

avatar

ゴン

そうです そこが重要です
それができていないということは
社長にその意識がまだないのです
それはまだプライベートカンパニーだということです
それでいてIPOを狙っているのですから・・・

舞い上がって妄想予算か
IPOはまだ早いということだな

avatar

ボス

avatar

ゴン

はい
そのようなことは監査法人や主幹事証券会社からも指摘されるはずです
ですからそれすら入っていないのではないかと思います

そうかもしれんな
しかしそれでは文字通り10年早いではないか

avatar

ボス

avatar

ゴン

そんなものだと思います
大体数字にしても裏付けがないのでしょう?
お話になりませんよ

裏付けというのはある程度納得できる根拠
という意味でいいのかな?

avatar

ボス

avatar

ゴン

はい
ウチは前年比やシェア、景気動向等を指標としています
これがあれば派手に予算と実績が乖離することは
あまりありませんし
株主や従業員等にも納得のいく説明ができるでしょう

それがなく一緒に盛り上がったということは
株主にも問題がありそうだな

avatar

ボス

avatar

ゴン

投資家は資金があれば誰でもなれます
知識がない投資家や担当もいますので
そうい方が株主になってしまったのかもしれません

そうなると悲劇だな

avatar

ボス

avatar

ゴン

IPOは試金石でもあります
お話しいただいた情報が確かなら
IPOは無理ですし会社は傾くと思います
潰れるかまではわかりませんが・・・

ふーむ
ではそいつには転職も視野に入れて動くよう
アドバイスしておくとするか

avatar

ボス

IPO支援の東京IPO支援センターへのお問合せはこちら