コーポレートガバナンスと役員のダイバーシティ不足

ボスはまだ日産自動車の話をしている。
これだけの事件ともなると、やはり注目したくなるらしい。

ゴンよ お主はこの事件のコーポレートガバナンスについてどう思う?
わが社もそこには力を入れているつもりだ
この事件も他山の石としたいと考えているのだ

avatar

ボス

avatar

ゴン

そうですね
それは良いことだと思います
まず日産幹部もいっていたように
過度の権力集中がこのような事件を引き起こした
可能性はあります

役員の選任は大株主の意向が色濃く反映されるからな
当然その代表である代表取締役社長は
その時点で権力が集中することになる
難しい問題だな

avatar

ボス

avatar

ゴン

確かに
リーダーシップとトレードオフの部分もあり
ある程度は仕方がないと思います
しかし過度な集中は危険です

それと我が国の不祥事の場合
そこまで権力が集中していなくても事件になる場合があるぞ

avatar

ボス

avatar

ゴン

日本人は結託しやすい傾向があるので
権力集中ならぬ権力集合という状態に陥りやすいかもしれませんね

権力集合か!
それは言いえて妙だな(笑)

avatar

ボス

avatar

ゴン

企業でも国でも
そうなると不正の温床になります
何しろ誰も止められなくなりますから

どちらの場合もそうなるな
暴走して不正を起こして自滅
これは歴史が証明している

avatar

ボス

avatar

ゴン

なのでどうやってこれを未然に防ぐかが重要となります

やはり抑えが利くメンバーを迎えないといけないだろうな
メンター的な者も必要だろうし
きちんとダメなものはダメといえる組織が必要となる

avatar

ボス

avatar

ゴン

私もそう思います
先の日産の場合そこが出来ていない
というかそのような体制をしいていないと思います

具体的にはどうしたら良いのだ?

avatar

ボス

avatar

ゴン

権力といえば役員ですから
役員構成を見直す必要があります
例えば日産の取締役は主に外人と生え抜きで構成されています

外人はルノーの息のかかった者とみるのが正しいだろうな

avatar

ボス

avatar

ゴン

そうでしょう
そして監査役は生え抜きと元銀行員です
ここから読み解けるのは・・・

クビになってでも社長と闘えるメンバーはおらず
ゴーンとその他中間管理職という感じだろう
意見一つ言えないのではないか

avatar

ボス

avatar

ゴン

私もそうみました
生え抜きは業務を良く知っていますが
サラリーマンの延長です
辞めたら他に行きようがないのでイエスマンになりがちです

権力集合にもなりやすいな

avatar

ボス

avatar

ゴン

はい
そして監査役は元銀行員ということは
取引のある銀行から受け入れたということでしょうから
多少のことには目をつぶることが考えられます

要するにガバナンスが全く利かない状態なわけだ

avatar

ボス

avatar

ゴン

おそらくそうでしょう
そこで最近よくいわれるダイバーシティという考え方が重要になります

ダイバーシティ・・・多様性か

avatar

ボス

avatar

ゴン

様々なバックグラウンド
性別や年代、経歴等ですね
そういうメンバー構成にすべきなのです

ふむ なるほど
確かにそうだろう
しかし監査法人はこのダイバーシティに該当するのではないか?

avatar

ボス

avatar

ゴン

本来ならそうですね
しかし機能しなかった・・・

また新日本監査法人なのだな
東芝に引き続いてだな

avatar

ボス

avatar

ゴン

そうですね
そういうところばかり引き受けるわけではないのでしょうが
何か原因があるのかもしれないですね

ということは
ただダイバーシティを尊重すれば良いわけではないのだな
それも気をつけよう
ところでお主はゴーンと名前が似ているが
お主はやらかしてないだろうな(笑)

avatar

ボス

avatar

ゴン

私にそのような権力はないですよ
あるのはボスが暴走した時にガブっとやることくらいです(笑)

はっはっは
そうだな
そのときは頼むぞ(笑)

avatar

ボス

IPO支援の東京IPO支援センターへのお問合せはこちら